jaマイカーローンは金利比較でオススメって本当!?

JAバンクのロゴ

マイカーローンの借入先といえば、「JAマイカーローン」という検索が多いです。

確かにJAバンクのマイカーローンは、低金利なので人気のマイカーローンとなっています。

しかし、JAマイカーローンには注意点があります。

知らないと損をしてしまうので、注意点をしっかり理解してマイカーローン比較してください。

 

【JAマイカーローンの注意点】

  • 1,管轄エリアの店舗しか申し込めない
  • 2、店舗によって金利や借入れ上限が違う
  • 3,保証料が別途必要になる場合が多い

 

1,管轄エリアの店舗しか申し込めない

JAバンクは地域ごとに機関が設定されていて、それぞれが独立採算制で事業を行っています。

その店舗の管轄エリア内に住居か勤務先がないと、マイカーローンを申し込むことができない仕組みになっています。

近所にJAがあっても管轄外ならば申し込みができないので、先ずは自分の住居か勤務地を管轄しているJA=を調べましょう。

 

2、店舗によって金利や借入れ上限が違う

JAバンクはえれぞれの機関ごとに独立採算制となっているので、管轄エリアによって金利や保証料の有無などの貸付条件が異なります。

なので近隣に金利が安い店舗があっても、住居や勤務地がエリア管轄外ならば申し込むことができません。

金利がが高くても管轄エリア内の店舗からしか申し込めないので注意が必要です。

 

3,保証料が別途必要になる場合が多い

管轄エリアごとに金利の違いがあると同時に、保証料の料率も異なります。

また、保証料込みで商品提供をしているJAバンクもあるので、管理エリア内の店舗へ確認するしかありません。

 

 

で、結局JAバンクはどうなの?

結局のところ、JAバンクは他のマイカーローンと比較して魅力のある商品なのでしょうか?

結論からいうと、

店舗による

という答えになってしまいます。

さきほども書いたように、JAバンクは独立採算制のため、管轄エリアによって金利や保証料の有無がことなります。

自分の管轄している店舗が、低金利で保証料込みならラッキーということになってしまうのです。

 

公式サイトもバラバラ

さらにJAバンクは各エリアごとの公式サイトも内容はバラバラで、一昔前のデザインやサービス内容の公式サイトもまだまだ多いです。

いまどきの銀行系マイカーローンの公式サイトは、WEB申し込みや返済シミュレーションなど公式サイトから利用できます。

しかし、各エリアのJAバンクの公式サイトではWEB申し込みできない場合もあり、店舗へ出向いて申し込む必要が発生することもあります。

平日の9時~17時までの営業時間内に店舗へ行くのが難しい方には、JAバンクのマイカーローンは利用しにくいと言えます。

JAマイカーローンと銀行マイカーローンを金利比較する場合、WEB申し込みができるかどうかも併せてチェックするようにしましょう。

 

最寄りのJAバンクを探すならコチラ>>JAバンク公式サイト

WEB申し込みができるマイカーローンはコチラ>>WEB申し込みができる低金利マイカーローン

 

 

おすすめの車ローンは低金利だけが人気の理由じゃないって知ってた?

おすすめの車ローンを見つける方法について

おすすめの車ローンといえば、誰もが「金利が安い」「低金利」というローンを思い浮かべます。

でも、気を付けなきといけないのは、実質金利だけで比較をしていると損をしてしまうかもしれないということです。

車ローンには金利以外にも、保証料や事務手数料などの諸費用が発生する場合があります。

金利に上乗せして返済額が増えるので、諸費用を見逃していると総返済額の試算が狂ってしまいます。

 

しかし、ここでさらに注意が必要なのは、保証料や事務手数料が必要になるからといってダメな車ローンではないということです。

どういうことかというと、金利と諸費用を含めた総返済額が一番少ないローンこそがオススメの車ローンなのです。

なので比較をする場合は、必ず返済シミュレーションをして総返済額を算出して比較するようにしましょう。

保証料が必要なくても、もともとの金利設定が高ければ総返済額は高くなりますから。

返済シミュレーションは、金融機関の公式サイトで必要事項を入力すれば簡単に試算することができます。

無料で利用できるので、どの車ローンが一番お得なのかを比較してみましょう。

 

 

WEB申し込みで来店不要は必須条件

今どきの車ローンは、ほとんどがWEB申し込みで利用されています。

パソコンやスマホから24時間いつでもどこからでも申し込みできるので、平日の日中が忙しい方にも利便性が高いからです。

店頭申し込みだと、平日の9時~15時の営業時間内で窓口に並ぶことになりますからね。

会社員の方やお勤めの方には、申し込むだけでもハードルが高くなります。

 

WEB申し込みは、申込時の来店不要だけがメリットではありません。

基本的には申し込み手続きから振込完了まで、来店不要で手続きを進められます。

審査結果などはメールか電話で回答できますし、必要書類は郵送・FAX・メールなどで対応できます。

つまり、一度もお店に行かなくても、お金を借りることができるのです。

これは大きなメリットですよね。

さらにWEB申し込みの方が、店舗運用費や人件費などのコストも削減できるので金利も安く設定できます。

同じ銀行でも、店頭申し込みよりもWEB申し込みの方が適用金利が安いということもよくあることです。

時間と手間を掛けて金利も高くなる店頭申込みは、デメリットの方が大きいのでオススメできません。

 

総返済額が少なくて、お手軽に利用できる車ローンがオススメ

ここまで書いてきたように、オススメの車ローンは、

  • 総返済額が少ない
  • 手続きが簡単

ということがポイントとなります。

WEB申し込みができる車ローンの場合、地方銀行でも全国対応で申し込み可能な場合があります。

ということは、日本全国の地銀から借入先を探すことができるようになります。

借入れ候補が多くなればなるほど、自分にとって最適な車ローンが見つけやすくなります。

あとは借入れ候補を3~4つに絞り込んで、仮審査に申し込めばOKです。

審査結果で分かる適用金利や借入限度額をもとに、公式サイトで返済シミュレーションをして総返済額の比較をすればいいだけですから。

金利が安くて手続きが簡単な車ローンこそ、おすすめの借入先となります。

オススメの車ローンはコチラ>>おすすめの車ローン

 

 

車ローンで審査落ちする理由

車ローンに審査落ちする理由と回避方法を紹介しています。

 

車ローンで審査落ちする理由と回避方法を具体的に紹介しています。

 

車ローンの審査では、さまざまな審査項目が設定されています。

主な審査項目としては、下記の項目があります。

  • 年収
  • 勤務先
  • 職種
  • 従業員数
  • 勤続年数
  • 前年度税込年収
  • 住まいの形態
  • 他社借入額

この中でも重要な項目は、

  1. 年収
  2. 他社借入額
  3. 過去の返済履歴

の3つと言われています。

この3項目で貸したお金が予定通り返済されるかどうかを判断します。

 

返済比率が高い

収入と他社借入額が分かれば、返済比率を試算することができます。

返済比率とは、返済額が収入の何割を占めるかという比率のことです。

返済比率=返済額÷収入

一般的に返済比率が30%前後であれば、問題ないとされています。

そのため年収が高くでも、他社借入額も多いと審査落ちする可能性は高くなります。

 

過去に返済トラブルがあった

返済比率に問題がなくても、過去に返済トラブルがあると審査落ちしやすくなります。

返済トラブルとは、クレジットカードやキャッシングの支払いが遅延したり未払いになってしまうことです。

とにかく借りたお金や支払いするお金を期日通りに返済できなかった場合は、返済トラブルや返済事故として履歴が残ります。

この履歴は信用情報機関に登録されていて、車ローン借入時に金融機関が過去の返済履歴を照会することができます。

そこで過去に返済トラブルが確認されれば、高い確率で審査落ちしてしまいます。

 

返済の継続性がない

他にも審査落ちしてしまう理由としては、安定して続けて返済してもらえるかどうかということもあります。

例えば、新入社員や転職後すぐの人は、まだ仕事に慣れていないので退職してしまうかもしれません。

ということは収入がなくなって、返済が滞る可能性が出てくることになります。

このように安定して継続的に返済を続けてくれるかどうかも大切な要素となります。

この点では公務員や大手企業で働いている人は、審査に有利に働いているといえます。

 

審査落ちしないために

審査落ちする理由について書いてきましたが、審査落ちしないために何をするかというと・・・。

【審査に通る車ローンを見つける】

ということになります。

当たり前のことのように思いますが、どうやって見つけるか分かりませんよね。

審査に通る車ローンの見つけ方はコチラで詳しく書いています。>>金利が安い車ローンの簡単な見つけ方

 

金利が安い車ローンの簡単な見つけ方

金利が安いマイカーローンの見つけ方を紹介します。

金利の安い車ローンの見つけ方について解説しています。

銀行などの金融機関からお金を借りる場合に、一番気になるのが金利ですよね。

車ローンの金利は、各金融機関によって異なるので選ぶのが大変だったりします。

金利に加えて保証料や事務手数料の有無など、チェックすることはいろいろあります。

そんな中で車ローン選びで失敗しないコツは下記になります。

 

借りられる中で一番金利が安い車ローンを選ぶ

金融機関からお金を借りる場合に、必ず審査を受けなければなりません。

審査についてはこちらで詳しく書いています。>>車ローン審査に通らない@理由は年収・無職・借金のどれ?

一般的に金利が安い車ローンほど、審査は厳しいと言われています。

お金を借りるなら金利が安いほうがいいに決まっていますが、そこには厳しい審査が待っています。

融資を受けられるかどうかは、審査を受けてみないと分かりません。

そのために活用したいのが、「仮審査」「事前審査」ということになります。

 

車ローンの仮審査・事前審査とは

ローンの申し込みをする場合に、申込時に下記のような項目を入力します。

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 役職
  • 他社借入金額
  • 居住形態
  • 家族構成

その内容を審査することになりますが、本来は書いている内容を証明するために

  • 収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書

のいづれかを提出する必要があります。

申し込み内容に虚偽記載がないかどうかをチェックするためです。

証明書類の提出となると、結構面倒くさいですよね。

書類を提出した挙句に審査落ちしてしまっては、手間がかかっただけでお金の工面もできず何もいいことはありません。

 

その点でいうと、仮審査・事前審査では証明書類の提出は必要がありません。

仮審査や事前審査後に通過して本審査に進む場合に、初めて証明書類の提出が求められます。

入力された内容に虚偽や誤りがないかを確認するためです。

仮審査に通過して申込内容に虚偽や誤りがなければ、本審査も通る可能性は高いです。

 

仮審査や事前審査はWEB申し込みができる金融機関が増えているので、パソコンやスマホから申し込みが可能です。

いつでもどこからでも申し込みができるので、お手軽に手続きができます。

審査結果も3営業日程度と比較的早く分かるので、急に車を買うことになった場合も安心です。

メールや電話で、下記の審査結果が伝えられま。

  • 審査結果
  • 適用金利
  • 融資金額

その内容を確認して、納得がいかなければキャンセルすることも可能です。

審査結果が分かってからキャンセルしても、キャンセル料が発生することもありません。

 

仮審査結果を比較するのが賢い方法

ここでのポイントは、複数の車ローンの仮審査を利用することです。

いくつかの車ローンで仮審査に申し込みことで、金利や融資金額を比較することができます。

仮審査に通った車ローンの中で、一番条件のよい金融機関の本審査に進めば車ローン選びに失敗することはありません。

WEB申し込みができるので、複数の車ローンに申し込むのも簡単です。

最もお得な条件の車ローンを見つけるために「仮審査」「事前審査」を利用しない手はありません。

WEB申し込みで仮審査が申し込める全国対応の車ローンはコチラになります。

また、仮審査はありませんが、審査結果後にキャンセル可能なマイカーローンもあります。

いづれも全国対応なので3~4つほどの車ローンに申し込んでみて、審査結果を比較してください。

借入できる中で一番お得な車ローンを簡単に見つけることができます。

 

車ローンの金利が安いと審査が厳しいって本当!?

車ローンの金利が安いと審査が厳しくなる傾向にあります。その理由と対策について紹介しています。

はい。本当です。

基本的に金利は、借りる人の信用力に応じて決められます。

信用力とは、

  • 年収
  • 他社借入額
  • 過去の返済実績
  • 勤務先
  • 勤続年数

などによって、金融機関から判断されます。

一般的に安定的に雇用される公務員は信用力が高く、不安定な職業は信用力が低くなります。

 

他社借入額も多いと信用力は低くなる

職業が安定して年収が高くても、他社から借りている金額が多いと信用力は低くなります。

返済比率という目安があり、返済額が手取り収入の30%以内であれば大丈夫とされています。

収入が多くても返済比率が30%を超えるようだと、審査落ちしてしまう可能性が高くなります。

 

これらのことをまとめると、金融機関は貸したお金を利息を付けて返してくれる人には金利を安くしてでも借りて欲しい訳です。

逆に完済に不安がある人には、貸し倒れの可能性も含めて金利を高くしてリスクヘッジをしておきたいんです。

ということは、金利が安い車ローンは、確実に返済してもらえる信用力がないと審査に通りません。

金利と審査内容の関係は、このようにして決まっていきます。

 

審査項目と審査基準はブラックボックス

ところが難しいのが、車ローンでは審査項目や基準がハッキリと公表されていません。

各金融期間で審査項目や審査基準が異なってくるのです。

なので、審査に通るかどうかは申し込んでみないと分からないんです。

 

「ん~、なんか面倒くさい」と思って、カーディーラーから勧められたディーラーローンなんて申し込んだらダメですよ。

ディーラーローンは担当者が手続きを手伝ってくれる代わりに、金利はかなり高いです。

車ローンの金利相場が2%台~3%台なのに対して、ディーラーローンは8%前後とかなり割高になります。

ディーラーローンを利用するケースは、銀行などの車ローンで審査落ちしてしまって資金調達に困った時で大丈夫です。

金利が高い分、金利が安いマイカーローンよりは審査に通りやすい傾向にありますから。

まずは金利が安い車ローンから申し込むようにしないと損しちゃいますよ。

 

 

審査に通るかどうか心配な人は仮審査を利用しよう!

「でも、金利が安い車ローンって審査が厳しいんでしょ?」と不安になるかもしれません。

そんな人のために最近の車ローンでは、「借審査」「事前審査」と呼ばれる申込方法が用意されています。

本審査の用に提出書類も必要なく、審査も3営業日程度で結果が分かります。

その際に

  • 審査可否
  • 適用金利
  • 借入額

が提示されます。

 

仮審査を賢く利用するコツ

仮審査を賢く利用するにはコツがあります。

それは、

複数の車ローンに申し込むこと

です。

その中で金利比較をして、一番条件の良い借入先を見つけるのが失敗しないコツです。

 

申し込みはスマホやパソコンから24時間いつでもできるし、審査結果もメールで届くのでお手軽です。

審査結果後に他の車ローンの条件が良ければ、キャンセルすることも可能です。

もちろんキャンセル料などは必要ありません。

申し込みの入力も10分~15分程度で完了するので、簡単に申し込むことが可能です。

さらにWEB申し込みなので、全国対応している地方銀行なども借入先候補となります。

地元に営業店舗がなくても借入れすることができるので、広い範囲から借入先を探すことができるんです。

 

ちなみに人気の地銀マイカーローンは、

です。

金利が安くて保証料込みなので、当サイトからも多くの人が申し込みしています。

 

地銀じゃなくて都銀がいいという方には、

三菱UFJ銀行:ネットDeマイカーローン

が人気です。

こちらも保証料込みで、車ローンでは珍しい単一金利であることが人気の理由です。

 

ネットバンクなら「住信SBIネット銀行:MR.自動車ローン」が低金利ですが、別途事務手数料が必要となるのでそちらも含めて返済シミュレーションする必要があります。

 

繰り返し利用ができて金利が安い

当サイトのおすすめ車ローンは「静岡銀行:しずぎんマイカーローン」です。

保証料や事務手数料が必要なく、金利も「2.4%or3.4%」と安いからです。

さらにしずぎんマイカーローンは、再審査や面倒な手続きなしで何度でも借入れが出来る「繰り返し利用」の車ローンとなっています。

ローン返済中でも追加の借入れが可能なのも、急な乗り換えや万が一の出費の際も助かります。

 

仮審査の結果が1年間有効

前もって仮審査しておけば、資金調達の心配をしないで車選びができるのも嬉しいです。

有効期間は1年間なので、ゆとりをもって車種選定ができます。

 

仮審査の申込時は静岡銀行に口座がなくても申し込み可能ですし、申し込みから振り込みまで来店不要で手続きが進められます。

もちろん全国対応なので、日本国内にお住まいの方ならどこからでも申し込みできます。

しずぎんマイカーローンの詳細はコチラから>>