*

ローン審査の基準って何があるの?

車ローンを借りる場合に必ず金融機関による審査があります。

でも、その審査内容ってオープンにされておらずよく分からないことが多いんですよね。

ローンの申し込みをしようと各金融機関の公式サイトを見ると、「借入条件」というのが記載されています。

これが審査条件を公表してくれているわずかな情報となります。

 

【三菱UFJ銀行:ネットDEマイカーローン】


★借入基準(ご利用頂ける方)
・年齢が申込時に満20歳以上、完済時に満70歳の誕生日までで、保証会社(㈱ジャックス)の保証を受けられるお客様。
・前年度の税込年収が(事業所得者の方は申告所得)が200万円以上のお客様。
*年金収入のみのお客様は対象外となります。
・勤続(営業)年数が1年以上のお客様。
・今回の自動車購入について、当行以外からのお借り入れがないお客様。
・ソコンのEメールアドレスをお持ちのお客さま。
*携帯電話のEメールアドレスでは申し込み頂けません。
*外国人のお客様は永住許可を受けている方が対象となります。

★詳細はコチラから>>三菱UFJ銀行 ネットDEマイカーローン:公式サイト

 

損保ジャパン日本興亜:ジャパンダ・ネットマイカーローン】

★借入基準(ご利用頂ける方)
・申込時満20歳以上、満60歳以下のお客さま
・前年の税込み年収280万円以上のお客さま
・定職、定収入のあるお客さま

・固定金利:年1.90%~2.85%
・保証料込み
・土日祝日の審査も迅速な回答
・新規口座開設不要
・来店不要&全国対応

★詳細はコチラから>>損保ジャパン日本興亜マイカーローン:公式サイト

 

【静岡銀行:マイカーローン(全国対応)】

★借入基準(ご利用頂ける方)
・次の条件を満たし、保証会社の保証が受けられる方
・お申し込みおよびご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の方

(特徴)
・お手続きは全てネットで完結(来店不要)
・2回目以降は再審査なしでお借入れ
・審査に通るか不安な方は「5秒診断」でチェック!
・かんたん仮審査は結果通知後のキャンセルもOK!

★詳細はコチラから>>

 

公式サイトで公表されている利用出来る人の条件は上記のような感じです。

もちろんここに書かれていること以外にも審査項目や基準があるので、上記の条件をクリアしていても審査落ちすることはあります。

最低限は上記に書かれている条件はクリアしておかないと審査に通る可能性は低いということになります。

 

ローン審査で重要視される項目

一般的に審査基準として重要視される項目としては

・年収
・他社借入の有無

の2点と言われています。

 

どうして重要視されるかとというと、お金を貸して返せるかどうかを試算するのに必要な項目だからです。

審査をする場合に、返済計画で決められた金額とスケジュールを予定通りに返済できるかどうかを判断しなければなりません。

返済額から試算して収入が少ない場合は、途中で返済が滞る可能性を不安視されます。

その場合は
・借入額を収入の応じた額まで減額する
・金利を高く設定する
・審査を通さない
などの内容を提示されます。

 

他社借入がある場合も同じで、全ての借入額が収入に対して規定基準値よりも多い場合は先ほどのような結果となってしまいます。

どれくらい収入があればいいのかは、希望の借入額や職業によって違ってきます。

年収が低くても公務員のような安定した職業の人は、審査にも通りやすく金利も低く設定される傾向にあります。

ローン審査を受ける場合は、社会的な信用や実績が重要視される傾向にあるので、公務員や大手企業で継続して働いていると有利な審査結果が期待できます。

逆に年収が高くても起業してまもない自営業者や不安定な職種の人は、厳しい審査となる可能性があります。

無職の場合などは安定した収入がないのでローン審査に通らないのは分かりますが、収入のある人の審査は状況に応じて変わってくるので予測が難しいですよね。

とりあえず希望する車ローンに申し込めば審査がどうなるか結果が分かりますが、審査落ちが続いてしまうと信用調査機関にそのデータが残ってしまい「申し込みブラック」という状態になってしまいます。

そうすると、他の車ローンに申し込む際に支障を来たすことになるので、申し込みは慎重に行わないといけません。

 

本審査に申し込む前に仮審査を受けましょう

ではどうしたらいいかというと、審査に自信がない人は「仮審査」ができる車ローンを選ぶことをオススメします。

仮審査とは読んで字のごとく、本審査前の仮審査を行うことです。

仮審査に通過できたら、本審査も通過する可能性が高いです。

仮審査時の申請内容に虚偽があったり、提出書類に不備がなければ本審査も通過できるでしょう。

仮審査では収入証明書などの提出書類が必要なく、審査結果も3営業日程度までに分かります。

審査に自信がない人や審査結果を早く知りたい人は、仮審査のある車ローンを試してみてください。

ちなみに仮審査に申し込んでも、他のローンが良ければキャンセルすることができます。

キャンセル料も掛かりません。

そのまま本審査に進む場合も、個人情報やいろいろ入力事項が引き継がれるので面倒な入力の負担が軽減されるメリットもあります。

仮審査があって低金利で人気の車ローンは下記になります。

公式サイトを一度確認してみてください。

 
 【仮審査ができる車ローン】

 
また、仮審査はありませんが、本審査後もキャンセル可能なマイカーローンもあります。

損保ジャパン日本興亜:ジャパンダ・ネットマイカーローン

土日祝日の審査も迅速な回答をしてくれるので、お急ぎの方は必ずチェックしてみて下さい。

 

車ローン審査に通らないタイプとは

車ローン審査に通らない人とは、どのようなタイプの人でしょうか。

大まかに上げるとこの4つのタイプに分けられます。

  • 年収が低い人
  • 無職の人
  • 借金が多い人
  • 債務整理・自己破産をした経験がある人

 

年収が低い人は、給料から生活費などを引くと、返済に回せる金額は多くありません。

そのため日常生活に何かトラブルがあると、すぐに返済が滞ってしまう可能性があります。

無職の人であればなおさら返済トラブルが起きる可能性が高くなってしまいます。

 

逆に収入が多くても、借金が多い人も同様です。

収入の大半を借金に回すことになり、新たに借金が増えると返済が遅れたり滞ってしまう可能性が高くなります。

車ローンの簡易審査などで。年収・他社での借入額を必ず入力するのはこのためです。

 

また過去に債務整理・自己破産などをした場合は、ほぼ100%車ローン審査には通りません。

これは返済の遅延や延滞なども同じで、過去の返済トラブルは審査時に大きなマイナスポイントとなります。

逆に言うとこれらのような状態にない場合の人は、車ローン審査に通る可能性があるということです。

低金利の車ローンなどは審査が厳しい傾向にありますが、年収などの条件がクリアできていればいちど申し込んでみる価値はあるかと思います。

 

ただし、審査落ちしてしまう場合もありますので、その場合は多少金利が高くても借りることができる車ローンを選び直すことを示します。

何度も審査落ちは継いでしまうと「申し込みブラック」という状態になってしまい、その後の借り入れが困難になってしまうからです。

そうならないためにも、金利比較だけで借入先を選ぶのではなく、借りることができる車ローンを見つけて申し込む方が賢明だといえます。

そのためにも仮審査を賢く活用して、一番条件の良い車ローンを見つけましょう!

 
【仮審査ができる車ローン】