車ローン審査に通らない@理由は年収・無職・借金のどれ?

車ローン審査に通らない理由は、年収・職業・借金・過去の返済履歴などいくつかあります。あなたが審査落ちした理由は何!?

ローン審査

ローン審査で重要な「年収」と「他社借入金額」

車ローンを申し込んだ時の審査で、一番重視されるポイントとして「年収」「他社借り入れ金額」があります。

この二つがどうして重要視されるかというと、お金を貸して予定通り返済してくれるかどうかに大きく関係してくるからです。

というのも、年収は「入ってくるお金」、他社借り入れ金額は「出て行くお金」と考えることができます。

一般的には、働いたお給料の中から家賃や光熱費などの生活費を払ったり、飲み会や趣味にお金を使ったりします。

つまりは入ってくるお金以上に出て行くお金が多ければ生活は成り立たないわけです。

 

ローン審査入ってくるお金は年収で分かります。

そして出て行くお金は、年齢や家族構成などからおおよその平均支出額が試算されます。

「収入ー支出額=残ったお金」となるので、他社借り入れ金額があればその「残ったお金」から支払われることになります。

つまり他社借入額が多く残ったお金の金額が少なければ、これ以上お金を貸すと返済のめどが立たなくなってしまう可能性が出てくるということになります。

これらの判断をするために、車ローン借り入れの際に「年収」「他社借入額」を必ず確認するのです。

年収が低くても他社からの借り入れがなければ、毎月残るお金から支払いができるので審査に通る可能性は高くなります。

逆に年収が高くても他社からの借入金額が多ければ、新規で借り入れしたお金を返すゆとりがないと判断され審査落ちしてしまうことになります。

 

ローン審査に嘘を書いたらバレるの?

ローン審査を申し込んだ時によくやる失敗のケースとして、年収や他社借り入れ金額をごまかして書くということがあります。

嘘を書いても分からないだろうと思うのかもしれませんが、そんなことはありません。

絶対にバレます。

まず年収は源泉徴収票や年収証明書等の提出が求められます。

提出できなかったり、記入した年収と違いがある場合は審査落ちの原因となります。

また他社借り入れ金額は、CICなどの信用情報機関で調べることができます。

消費者金融や銀行からの借り入れやクレジットカードのショッピングローンなど、大半の借金が一目瞭然となります。

過去の返済履歴なども調べることができるので、返済事故やトラブルがあった人は審査落ちする可能性が高くなります。

ローンを申し込ん場合は、正しい情報を正確に入力するようにしましょう。

どうせごまかそうとしても、全てバレてしまいますから。

Page Top