車ローン審査に通らない@理由は年収・無職・借金のどれ?

車ローン審査に通らない理由は、年収・職業・借金・過去の返済履歴などいくつかあります。あなたが審査落ちした理由は何!?

ポイント

金利が安い車ローンの簡単な見つけ方

金利が安いマイカーローンの見つけ方を紹介します。

 

銀行などの金融機関からお金を借りる場合に、一番気になるのが金利ですよね。

車ローンの金利は、各金融機関によって異なるので選ぶのが大変だったりします。

金利に加えて保証料や事務手数料の有無など、チェックすることはいろいろあります。

そんな中で車ローン選びで失敗しないコツは下記になります。

 

借りられる中で一番金利が安い車ローンを選ぶ

金融機関からお金を借りる場合に、必ず審査を受けなければなりません。

審査についてはこちらで詳しく書いています。>>車ローン審査に通らない@理由は年収・無職・借金のどれ?

一般的に金利が安い車ローンほど、審査は厳しいと言われています。

お金を借りるなら金利が安いほうがいいに決まっていますが、そこには厳しい審査が待っています。

融資を受けられるかどうかは、審査を受けてみないと分かりません。

そのために活用したいのが、「仮審査」「事前審査」ということになります。

 

車ローンの仮審査・事前審査とは

ローンの申し込みをする場合に、申込時に下記のような項目を入力します。

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 役職
  • 他社借入金額
  • 居住形態
  • 家族構成

その内容を審査することになりますが、本来は書いている内容を証明するために

  • 収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書

のいづれかを提出する必要があります。

申し込み内容に虚偽記載がないかどうかをチェックするためです。

証明書類の提出となると、結構面倒くさいですよね。

書類を提出した挙句に審査落ちしてしまっては、手間がかかっただけでお金の工面もできず何もいいことはありません。

 

その点でいうと、仮審査・事前審査では証明書類の提出は必要がありません。

仮審査や事前審査後に通過して本審査に進む場合に、初めて証明書類の提出が求められます。

入力された内容に虚偽や誤りがないかを確認するためです。

仮審査に通過して申込内容に虚偽や誤りがなければ、本審査も通る可能性は高いです。

 

仮審査や事前審査はWEB申し込みができる金融機関が増えているので、パソコンやスマホから申し込みが可能です。

いつでもどこからでも申し込みができるので、お手軽に手続きができます。

審査結果も3営業日程度と比較的早く分かるので、急に車を買うことになった場合も安心です。

メールや電話で、下記の審査結果が伝えられま。

  • 審査結果
  • 適用金利
  • 融資金額

その内容を確認して、納得がいかなければキャンセルすることも可能です。

審査結果が分かってからキャンセルしても、キャンセル料が発生することもありません。

 

仮審査結果を比較するのが賢い方法

ここでのポイントは、複数の車ローンの仮審査を利用することです。

いくつかの車ローンで仮審査に申し込みことで、金利や融資金額を比較することができます。

仮審査に通った車ローンの中で、一番条件のよい金融機関の本審査に進めば車ローン選びに失敗することはありません。

WEB申し込みができるので、複数の車ローンに申し込むのも簡単です。

最もお得な条件の車ローンを見つけるために「仮審査」「事前審査」を利用しない手はありません。

WEB申し込みで仮審査が申し込める全国対応の車ローンはコチラになります。

また、仮審査はありませんが、審査結果後にキャンセル可能なマイカーローンもあります。

いづれも全国対応なので3~4つほどの車ローンに申し込んでみて、審査結果を比較してください。

借入できる中で一番お得な車ローンを簡単に見つけることができます。

 

 

Page Top